ポクポク

ポクッとしてツナッ

竹田城跡見た

京都から兵庫県朝来市にある竹田城跡へ自転車で行った。
朝来市の山奥には父方の実家があって、お盆なので人も居るし墓参りにもなるだろうと思って行った。
京都市内から老ノ坂を超えて亀岡へ、R372 を通って篠山市へ、遠阪峠を超えて朝来市へ入るルート。

篠山あたりからは見覚えのある道が続いた。
小さいころ車でおばあちゃんの家に行っていた道を社会人になって自転車で走ってる。

遠阪峠を境に朝来市に入る。竹田城はすぐそこなんだけど、あまり調べてこなかったので駅前に行ってしまって、これが失敗だった。

駅前からは登山道が続いていて、自転車担いでいけるかと思ったけど森っぽくなってしまってすぐ引き返した。 竹田城跡の西側からも舗装路が続いてるようなので行ってみたら、一方通行かつバス&タクシーしか通してもらえない道だった。自転車押して行くんで歩行者なんで、と言っても通してもらえない。山城の郷まで迂回することになる。 山城の郷へ迂回したら、山頂まで歩くかバス代150円払う感じである。バスで移動しそこから800mほど歩いて500円入場料を払ってようやく見れる。帰りのバスは駅前を迂回して高いので2kmぐらい歩いて山城の郷へ戻った... 健康で歩けるなら駅前に自転車置いて登山道を歩くほうが時間も歩く距離も少ないと思うし無駄な感じだった。この周辺地図を事前に見ておくのがよい。

f:id:pokutuna:20150824034425p:plain

景色も普通で、雲海感がないとちょっと高いところにある石垣である。こういう写真みたいなのを期待していたけど実態はこういう感じ。

釈然としない時間を城に費やして、父方の実家の方へ向かった。140km 近く走ってから花脊みたいに荒れた平均斜度9%の登坂をすることになってつかれた。

2015/08/20 見た夢

クレーム入れてる間に終電が行ってしまって滅茶苦茶にキレた。街は荒廃していて Fallout 的世界観(知らないけど)。金がないとなんともならないので室外機の上で寝た。

ビワイチした

出発

ゴール

ツールのハイライトを毎日見てたら長距離走りたい気がしてきた。 あと 200km ぐらい走れるやろ、と思ってたけど走ってなかったので走れることを確認しにいった。 結果は走れたので良かったけど暑すぎて死ぬかと思った。家に帰って水ガブガブ飲んだあとでもいつもより2kgぐらい軽かった。 足の筋肉とかは痛くなってないけど、日焼け止め塗ってなかったので滅茶苦茶に焼けて赤黒くなってズボンの布がこすれてダメージを受け続けてる。とにかく眠い、もうだめだ。

2015/06/20 見た夢

内容

マラソンの練習をする、実家のあたりから国道沿いに走っていく。最近自転車に乗ってるからか、昔より心肺が良くなっていてずいぶん楽だなあと思いながら走る。武庫川を横切る橋に人が殺到しているのを横目に、今はそういう渡り方もあるのか、と思いながら走る。そうして会社に到着する。

解説

これはごちうさの夢である。 前日(19日)に発売したまんがタイムきららMAX 2015年 08 月号のごちうさの内容は体力のない千夜ちゃんがココアさんとマラソンを完走するため特訓をするという趣旨の回であった。就寝前に続けて8度ほど連続して読んだので夢にマラソンの内容が反映されたものと思われる。マラソンの夢は別に見たくなくて、ごちうさ界で暮らす夢が見たかった。

f:id:pokutuna:20150622194705p:plain:h300

2015/06/08 見た夢

内容

トランペットの練習をする、高坂さんが登場して教えてくれる、マウスピースに息をかけすぎて疲れる。

解説

日曜日にゆで卵の殻を高速に剥くために、頂点と底だけ剥いて息を吹き込む方法を試みたものの、結局剥けず頬の内側がたいへん疲れたという現実の出来事に立脚した内容である。まさか頬の内側(奥歯のあたり)がしばらくじんじん痛むとは思わなかった。

今日のスライサーレシピ

誕生日に Sixeight さんにスライサーもらった。

生姜とかにんにくとか、今までチマチマ薄切りしていたけど瞬時に薄切りできるようになった。リンゴの皮を剥くのがめんどくさいけど薄くして1枚ずつ食べれば剥かなくてよいし楽。

image

image

生姜3つ100円で調子に乗って買ったけど、1人暮らし独身男性では消費できないので薄く切って蜂蜜に漬けることにした。蜂蜜がシャバシャバになって扱いやすくなるし、生姜の風味がついてうまい。ヨーグルトにかけたり紅茶に入れたりして上質な暮らしを楽しんでる。

image

待ち続ける日々...そして...

毎日見てるウェブページがある。
まんがタイムきらら - 新刊情報 - まんがタイムきららWeb

ご注文はうさぎですか?(以下ごちうさ)4巻の発売をずっと楽しみに待っている。3巻が発売されたのは去年の3月。1巻と2巻の間は12ヶ月、2巻と3巻の間は13ヶ月なので、おおむね今年の4月頃には発売されるだろうと思い、日々新刊情報ページへのアクセスを繰り返していた。しかしごちうさ4巻発売情報が発表されることは無く、5/21 に更新された7月までの発売情報にごちうさ4巻は含まれていなかった。このままでは4巻は8月末まで読めないのではないか? あとから7月の発売情報が追加されたりするのか? どうなっているのか? なんなのか? ひょっとして9月や10月もありえるのか? そのような不安と焦燥感が募り、だんだんと気分が鬱屈していった。

日々の生に意義を感じられず、自宅と職場の往復と、まんがタイムきらら新刊情報ページのリロードを繰り返すだけの私にも1つ楽しみにしていることがあった。『まんがタイムきららMAX』が発売される毎月19日になると、ごちうさコマのキャプチャがインターネット上にぽろぽろと流れてくるのである。tumblr の dashbord であったり匿名画像掲示板であったり個人ブログであったり様々であるが、それは一様に私の心を温め安らぎを与えてくれるものであった。断片的な情報から本誌の内容を想像したり、ココアさんのようなお姉ちゃんが欲しいなあ、シャロちゃんを養いたいぞ、などと物思いにふけるのが何よりの楽しみだった。

ある時、ふと混濁していた思考に光が射した。
単行本を待つ必要はないのでは? ごちうさ掲載誌である『まんがタイムきららMAX』を買えばいいのでは? そのことに気づいた私は仕事はそこそこに本屋へ走り360円(安すぎる!!!)と引き換えに『まんがタイムきららMAX』を購入した。

我を忘れてそのセンターカラーごちうさを読むと、たちどころに血色は回復し、思考は明晰になり、心は穏やかにココアー(図1)としてきた。うーんなんで今まで買わなかったんだろう、360円は安いなあ、あとめっちゃ本軽くてびっくりした。広告らしい広告は全然なくて、全部四コマで女の子が出てきて可愛いことをする内容だからどこを開いても同じ風景が続いていて趣がある。とにかく良い、助かった。みなさんも『まんがタイムきららMAX』を買ってみてはいかがでしょうか。

図1: ココアさん専用擬音であるココアーの例
f:id:pokutuna:20150525205955j:plain:w300


それはさておきローソンでお菓子を15個買いました。

image