読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポクポク

ポクッとしてツナッ

TopCoder:SRM410

id:blankblankの誘いでTopCoderに参加した!

TopCoderとは

Web上で、世界中のプログラマが参加するプログラミングコンテストを主催している企業。Google Code JamはTopCoderのシステムを利用して行われている

http://d.hatena.ne.jp/keyword/TopCoder

今回はそのTopCoderがほぼ毎週開催しているSRM(Single Round Match)に参加した。
細かいルールとかはアカウント作成の解説ついでに説明するとして、基本の流れが


問題に回答(3問:250/500/1000点問題、75分)

休憩時間(5分)

チャレンジフェイズ(15分)

システムによる採点


で、特に面白いのがチャレンジングタイム。
同じ部屋(近いレートの20人)のコードを見ることができ、バグを見つけた! と思ったらバグを誘発しそうなデータを入力できる。仕様に沿わない出力をさせることができたら回答無効&指摘した人に+50点、ケチつけたのに正しい出力ならば指摘した人が-25点というルール。
他人のコードを読むのは勉強になるしバグを探すのが楽しい。


俺の点数は0点だったけどね!

適当に過去問(SRM405DIV2)を一つをやって「こりゃ1000点問題以外はいけるな」とたかをくくってたら、今回(SRM410DIV2)は250点問題すら回答できなかった。というより問題の意味が日本語で説明されてやっと分かったレベル。15歳のブルガリア人少年が短いコードでかっこよく解いててへこむ。うちの部屋は20人中13人が0点で8位でした。


フルに英語なので敷居は高めだけど、各問にExample(入力と出力と短い解説)が付いてるので意外と理解できるもんです。2軍問題なら比較的簡単に解けるので(といいつつ0点だったんだけど)みんな参加しようぜ! 俺は面白かったので時間が合う限り参加します。