読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポクポク

ポクッとしてツナッ

『ご注文はうさぎですか??』2期1話と今後どうなるのか?? について

ごちうさ

1話「笑顔とフラッシュがやかましいこれが私の自称姉です」とても良かったと思います。

放送前は、WHITE FOX がうたわれ2と同時にやるらしいぞとか、いつのまにかキネマシトラスが増えてる!! とか、進行に不安を感じさせる要素がいくつもありました。ごちうさ2期の品質は向こう3ヶ月の体調とモチベーションを左右する深刻な問題です。日々天に祈るような気持ちでした。中世の農民のようでした。

そして1話の出来は、十分に期待に応えたものだったと思います。
チノちゃんが買い物からラビットハウスへ帰ってくるシーン、これは1期1話のココアさんが街にやってくるシーンとの対比になっています。続くココアさんの「チノちゃんおかえりなさーい!!」は完全に2期を待ちわびていた視聴者の代弁であり、めちゃくちゃ盛り上がる構造になっています。OP前ながら、どうやら安心できそうだぞと思いました。

残念な点を挙げるとすれば、ココアさんがやや迷惑なキャラクターに描かれてしまったことでしょうか。
ココアさんがチノちゃんの笑顔を写真に収めようとするこの話、原作では比較的序盤での「一緒に暮らしているのにチノちゃんの笑顔を見たことがないココアさん」という深刻な事態であるため、チノちゃんの笑った写真を撮る強い動機付けになっています。しかしながらアニメ2期なのに1度も笑顔を見たことがない、というのはさすがに無理がある設定なのでこの動機付けはなくなったと思われますが、その結果ココアさんのわがまま感が強調される形になってしまいました。トラブルメーカーのように見えて気配り上手なコミュ力超絶きららMAX人間であるココアさんが皆にたしなめられる、というのはあまりキャラクターにマッチしていないような気がします。

ただ、2期の1話目としてメインキャラクターを満遍なく登場させ、後にモカ姉(モカねえ)を登場させる布石として実家へ写真を送るというこの話を入れるのはなかなか理に適っていると思います。原作の順序を大胆に組み替え圧倒的な良さを生み出すことに成功した1期の構成力を考えるに、他にも意味があるのではないでしょうか。

f:id:pokutuna:20151013024812j:plain

以下、原作既読を前提とした2期の予想になります。

2期と姉

原作ではココアさんが主人公のような立ち位置ですが、アニメ1期においてはチノちゃんが主人公として描かれていました。
庇護欲をそそる妹っぽいキャラが主人公のほうがウケやすかろうとか、水瀬いのりを売りたかったのだろうかなど、安易な邪推は立ちますが物語的には「成長するキャラクターである」というのが理由であると思います。コミュニケーションが不得手なチノちゃんが、ココアさんという姉が出来ることをきっかけとして人間関係を広げ、やがて1期12話において雪の中ココアさんのため風邪薬を取ってくるという成長を見せました。

対して2期ではチノちゃんの成長だけでなくココアさんの姉としての成長、姉妹としての成長が焦点となるでしょう。
2期ではココアさんの姉であるモカ姉が登場し、ココアさんがなぜ姉に憧れチノちゃんの姉として振る舞おうとするのかも描かれることになります。末っ子のココアさんが姉に憧れそしてチノちゃんの姉になる、ということが2期の肝となる成長要素でしょう。そう考えると2期1話でやや迷惑なキャラクターとして描いて株を落としておく(=成長を強調する伸びしろを作る)のにも構成上の納得感が生まれます。

冒頭のチノちゃんがラビットハウスへ帰ってくるシーンが1期の踏襲であり盛り上げる構造になっていることは述べましたが、恐らくこれからも1期を意識した構成を取ることで、文脈を共有したファン心理を利用して効果的に盛り上げてくるのではないかと思います。

というわけで2期の構成を予想すると

  • 中盤モカ姉回
  • 10~11話でキャンプ回
  • 12話で夏制服回とチノちゃんカメラ回で締め

モカ姉回で2期のテーマが姉であること、ココアさんの姉としての成長がストーリーラインであることを印象付けます。「もう私の真似じゃなくて 本当のお姉ちゃんなんだね」というモカ姉のモノローグによって(作中における強い立場のキャラクターによる承認によって)姉として認知させます。そしてキャンプ回での帽子のやりとり&ココアチョップによってココアさんがチノちゃんの姉である説得力を積み、1期11話クリスマス回のような圧倒的クライマックス感を夏のキャンプ回で再度爆発させます。

そして12話に夏制服回をAパートに入れることによって最終話に相応しい「10年もうちで働く気ですか」のシーンを入れ1期1話の初めてラビットハウスの制服を着たココアさんのシーンへリンクしめちゃくちゃ盛り上げる。チノちゃんカメラ回をBパートに入れることで、モカ姉が帰るときには不完全だった(チノちゃんから一方的にCQCをかける形だった)姉妹喧嘩が、お互いにクッションを投げ合う姉妹喧嘩になり、ココアさん&チノちゃんが完全に姉妹になった(=成長した)ことを描いて感動の最終回、Cパートでモカ姉の「ココアー!!」で落としてごちうさ2期完、という流れになるのではないでしょうか!!!!!!!!!!!!!!!!!!

完全に妄想だけど大きく外してないんじゃないかな、いろいろ書いたけど何回か読んでないと通じないような内容になってしまった。とにかくごちうさ2期は空前絶後の姉アニメになることでしょう。とりあえず直近では、バレエ回のココアさん専用擬音「ココアー」がどう表現されるか楽しみですね。
それでは3ヶ月間ポイッて今日を投げ出さないように過ごしましょう。